三国志ロゴ

トップページへ戻る

STORY

伝説の始まり
戦乱の中国――。絶え間ない争いによって国家は分断されていた。貧しい家に生まれた趙雲(アンディ・ラウ)は祖国統一の夢を抱き、同じ志を持つ平安(サモ・ハン)と共に、人徳があり民から愛されている【蜀】の君主劉備(ユエ・ホア)に仕える。彼ら二人は戦場の前線で肩と肩を突き合わせて戦い、互いの絆を深めていくが、ある日、突如軍に参加した孔明(プー・ツンシン)の助言を元に、曹操(ダミアン・ラウ)の基地に奇襲をかけることになる。その戦いで趙雲平安の命を救い、しかも敵の前衛隊長を討ち取るのだった。自分の功績を見せびらかすことなく、全ての功績を兄と慕う平安の手柄にし、その結果として平安劉備一族の警護という重要な仕事を任されることとなる。
遂に動き出す、栄光への道
西暦208年、劉備たちは【魏】の最高権力者・曹操率いる10万の兵に攻めこまれる。敵の追跡から逃れる最中、平安は護衛に失敗し、劉備の夫人と子供を見失うという失態を犯してしまう。劉備の兄弟分であり、武勇に長ける関羽(ティ・ロン)と張飛(チェン・チーフイ)は激怒し彼を殺そうとするが、趙雲は命を顧みず、友を守るため上官たちと対峙する。その場で凄まじい槍の腕前を見せつけ、自分が平安の代わりに敵陣に戻り一人で夫人らの救出に向かうと進言する。感動した劉備は自らの鎧を渡し、家族の救出を趙雲に託すのだった。自殺行為とも取れる趙雲の行動だったが、彼は立ちはだかる何万という曹操軍の中を突破し、無事に嫡子を擁して劉備の元に帰参、しかも曹操の剣まで奪ってくるという快挙を成し遂げる。圧倒的強さを見せ付けられた曹操の孫、曹嬰(マギー・Q)は、彼の顔を記憶に焼き付けていた。
“無敗の将軍”が挑む、最期の戦い
趙雲はその勇気と武勇によって出世街道を駆け上り、【蜀】の“五虎大将軍”の一人となり、同年に起きた“赤壁の戦い”以降も20年間に渡り【蜀】を守り続け、“無敗の将軍”という異名を持つほどになっていた。しかしその一方で、荒れ狂う戦争の中、彼の仲間も、そして君主の劉備さえも次々と命を落としていく。劉備の息子が【蜀】の国を継ぐが、その若い君主を孔明が補佐していた。じわじわと土地が制圧されていくことを懸念した孔明は、最後の【魏】征討を決意する。すでに若くはない趙雲だったが、愛する者のため、そしていまだ果たせぬ祖国統一の夢を胸に、かつての戦友・関羽張飛の息子世代の武将関興(ヴァネス・ウー)や鄧芝(アンディ・オン)らを率いて、出陣するのだった。
ただ一人、10万の敵に挑む――
この戦いで祖国への最後の奉公、そして最後の勝利を遂げるはずの趙雲だったが、思いもよらぬ裏切りに遭い、名誉ある引退を前に最大の危機が訪れる。若く優秀な武将たちが次々と戦死していく中、兄と慕う平安が打ち鳴らす太鼓の音を背に、因縁の曹嬰率いる数万の敵軍へと単騎で突き進むのだった…。
(C)TAEWON ENTERTAINMENT CO., LTD. and (C)VISUALIZER FILM PRODUCTION LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.