映画『ロスト・バケーション』

イントロダクション&ストーリー

x

イントロダクション

主演はドラマ「ゴシップガール」(07~12)でセリーナ役を演じ、世界中の女性のファッションアイコンとなったブレイク・ライブリー。『アデライン、100年目の恋』(15)では、数奇な運命をたどった美女を演じて観客を釘付けにした。監督は『フライト・ゲーム』(14)、『ラン・オールナイト』(15)でリーアム・ニーソンを本格アクションスターに仕立てたスペインの鬼才ジャウマ・コレット=セラ。本作では、たったひとり海に残された女性が、抗えない状況や自然との格闘の中でどうやって生き延びていくかを、五感に訴えるスリリングな演出で緊張感たっぷりに描く。

ストーリー

亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。そこはサーファーにとって最高の楽園。医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。全てが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となる為の勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。
脚を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。
極限の恐怖にさらされながらも、ナンシーは冷静に生き残るためのプランを練り始める。医学の知識を活かし着用していたラッシュガードを使い止血。満潮までの時間を計算。サメの動きのパターンを解読…生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは―。




x

キャスト&スタッフ

x

スタッフ

監督:
ジャウマ・コレット=セラ(『ラン・オールナイト』『フライト・ゲーム』『エスター』)

脚本:
アンソニー・ジャスウィンスキー(『リセット』)

キャスト

主演:
ブレイク・ライブリー(「ゴシップガール」『アデライン、100年目の恋』)