ほのぼの制作日記

2015年8月28日

もっともっと仕事の幅を広げていきたい!

小松未可子

こんにちは!TJです。

だいぶ涼しくなってきましたね~
夏は大作映画がたくさんあるので映画館も込み合っていて
洋画の季節!という感じでしたね。
ブログを始めてから毎日どんな内容にしようかと考えているのですが、
今後は声優インタビューだけでなく、翻訳者さん、演出家さん、スタジオ、
パッケージ製作の過程なども載せていこうと思います。

愛しのゴースト

今回はいま人気の実力派声優 小松未可子さんにインタビューしてきました。
ソニー・ピクチャーズで最初に小松さんを起用した作品は、タイ映画『愛しのゴースト』のヒロイン役で、小松さんの声がすごく役柄にマッチしていました。その後何度かアメリカ映画でも起用させて頂いています。

小松未可子

小松未可子(こまつ みかこ)
声優、女優、歌手。アニメが好き。特に「名探偵コナン」が好きで、同作で主題歌を担当した倉木麻衣の大ファンでもある。

TJ

小松さんって、映画お好きなんですね。

小松未可子

はい、アクションものが好きです。
邦画も見ますよ。この前『海街ダイアリー』を見ました。
『マッドマックス』も見たいなぁ。

TJ

DVDも買ったりしますか?

小松未可子

ライブDVDとか、好きな映画とか買いますよ。
最近買ったのは、倉木麻衣さんのライブと「名探偵コナン」です。

実家には洋画のDVDも沢山あって、『ターミネーター』とか
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とかよく見ていました。
あ、ソニーさんの『スパイダーマン』も持っていますよ(笑)!

TJ

ご実家って三重県ですよね。

小松未可子

はい。実家にいる頃はしょっちゅうイオンに行ってました(笑)
何でもあるので。家族でよくレイトショーも行っていましたよ。

TJ

他におすすめの場所ってありますか。

小松未可子

「なばなの里」というリゾート施設がおすすめです。温泉やお花畑があって、夜になるとイルミネーションがとても綺麗なんです。ファミリーにもカップルにも大人気ですよ!

TJ

行ってみたいな~。
話は変わりますが、今日の収録はどうでしたか。

小松未可子

ホラー映画の吹替だったのですが、ホラー映画は見るのが
苦手なので、映像チェックも夜は怖くてできなかったです。。
ただ、この作品はジメジメした感じじゃないし、
ドラマ要素もあったので、見やすかったです。
ただ、悲鳴の練習は自宅ではできませんでしたね(笑)

TJ

練習するときに心がけていることってありますか。

小松未可子

表情と声の温度をしっかり見ることと、
思っている以上にオーバーにやることです。
その方がリアルになると先輩がアドバイスしてくれました。

TJ

吹替を始めたきっかけはなんですか?

小松未可子

もともとお芝居をやりたかったのですが、
声優もやってみたら?とオーディションを勧められて受けたのがきっかけです。
初めての洋画吹替はドラマ「グリー」でした。

TJ

声優、歌手、女優といろんな活動をされていますが、
今後、どのように活動の場を広げていきたいですか。

小松未可子

坂本真綾さんみたいに、アニメ、吹替、舞台、ミュージカルと
仕事の幅を広げていきたいです。
真綾さんは、どんなお仕事でも自分の色をしっかり出せている
ところがすごいと思います。
以前「グリー」の現場でお会いしたことがありますが、
今でも会うと緊張してしまいますね。

吹替でいうと、歴史ものに興味があります。
昔の言葉で話したり、時代背景を辿って演技するのは
とても面白いです。

あと、リリー・コリンズさんの吹替をもっとやってみたいかな。
以前、『白雪姫と鏡の女王』という作品でリリーさんの吹替を
やらせて頂いたのですが、とても魅力的な女優さんで印象的でした。

TJ

リリー・コリンズは小松さんにぴったりだと思いますよ。

小松未可子

ありがとうございます!
いつか自分が演じた女優さんに会ってみたいですね。

TJ

他に会ってみたい人とかいますか?

小松未可子

うーん…、シュワちゃんにも会ってみたいです(笑)

TJ

きっと会えますよ!

では、最後にファンのみなさまへひとことお願いします。

小松未可子

洋画吹替はとても奥深い世界ですので、
字幕と吹替を見比べて、ぜひ楽しんでみてください!
みなさんが吹替に興味を持つきっかけになったら
いいなと思っています。
これから声のお芝居も頑張っていきますので、
応援よろしくお願いいたします。

ちょっと今回はプライベートなお話も混ぜてインタビューさせてもらっちゃいました。
声優さんのプライベート・トークも満載なブログにしていこうと思っております。
小松さんが収録していた作品のタイトルは残念ながらまだ言えないのですが、、、
あの・・ホラー映画になります。
楽しみにしておいてください!