Sony

Japan / Movies

最新予告編

一覧ページ

  • 『ライフ』12.6(水)ブルーレイ&DVDリリース!
    『ライフ』12.6(水)ブルーレイ&DVDリリース!
    PLAY
    商品情報
 

今月のオススメ作品

『ライフ』12.6(水)ブルーレイ&DVDリリース!
『ライフ』12.6(水)ブルーレイ&DVDリリース!
『ライフ』12.6(水)ブルーレイ&DVDリリース!

「生き残る」それがヤツの本能。「地球に行かせない」それが6人のミッション。


ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之など、豪華キャストが集結したSF大作!
『ミッション:8ミニッツ』『サウスポー』など数々のヒット作で主演を務め、『ナイトクローラー』では主演・製作を手掛け、英アカデミー賞、ゴールデングローブ賞にノミネートしたジェイク・ギレンホール。
『デンジャラス・ラン』や、記録破りの大ヒットとなった『デッドプール』で一躍脚光を浴びたライアン・レイノルズ。
そして、 『ウルヴァリン:SAMURAI』『ラスト サムライ』など幾多のハリウッド大作やテレビシリーズで国際的なスターの地位を揺るぎないものにした真田広之。
ハリウッドの第一線で活躍する豪華キャストが集結し、壮大なSF大作が誕生した!
商品情報
 

DVD

メタルファイト ベイブレード -バトルブレーダーズ編- Vol.2

DVD / ディーライツ / ¥3,800(税抜)

STORY

3、2、1、ゴーシュート!!
必殺転技、天馬流星撃(ペガシス・シューティングスター・アタック)炸裂!!!
最後にバトルを決めるのはブレーダーの心だ!!

小学生のみんなに大流行中のベイブレード!
この春、放送開始の新作TVアニメが早くもDVDリリース!
フルCGのド迫力ファイト満載!何度もDVDを見てキミの実力をUPせよ!!

新章突入!!日本最強のブレーダーを決める「バトルブレーダーズ」編

●月刊コロコロコミックで大人気連載中!
●毎週日曜あさ8時30分からテレビ東京系で絶賛放送中!
●公式サイトOPEN!http://beyblade.d-rights.com
●OP:「メタルファイト ベイブレード」YU+KI
●ED:「BOYS~光輝く明日へ~」MASH(cutting edge)

CAST(声の出演)

品番 LDDS-01008
公開年 2009
日本
カラー/B&W カラー
ジャンル ディーライツ
時間 96分
RELEASED 2010/02/10
画面サイズ 16:9
音声仕様 1.リニアPCM(本編 日本語)

NOTES

  • 【収録3話】

    #28『ダークキャンサーのカニカニ大作戦!』
    相変わらず卑怯な手段でチャレンジマッチを勝ち抜ける渡蟹。そんな彼の目にエメラルシティに有望なブレーダーがいないか捜しに来た遊の姿が目に止まる。いつもの皮算用でベイを強化出来るかも、と踏んだ彼は勝手に遊の後を追い、まんまとダークネビュラのアジトに入り込んでしまった!
    予想外の侵入者に驚く大道寺と遊。しかし渡蟹の目的が打倒銀河と聞くや、何やら実験としてマッドキャンサーをパワーアップさせてしまう。

    #29『ケンタと宇宙(ソラ)』
    多くのブレーダーの中、順調にポイントを稼ぎ今や注目株のケンタ。ある時彼は大会に乱入して来た銀河の弟子を名乗る少年と出会う。暁宇宙、係員を振り切ってケンタとバトルした彼はペガシスの必殺転技を真似て自爆する結果になるが、その姿にケンタは何かを感じ彼の後を追う事に。ケンタと宇宙は銀河の話題をきっかけに交友を深めていく。しかし宇宙は銀河への憧れから、逆に自分のサイバーベイの力を出し切れずにいた・・・・・・。

    #30『妖しきパイシーズ』
    優勝者に1万ポイントが与えられる大会で銀河を始め、仲間たちは久しぶりに集結していた。まどかも合流し盛り上がる一同。そんな会場の一角で参加者たちの運勢を占う少年が一人。彼の名は深海流太郎。神秘的な雰囲気を持つ彼は、占いの結果を逆恨みしたブレーダーを不思議な必殺転技で返り討ちにする凄腕でもあった。大会初戦で銀河と戦う事になった彼は、この勝負とその結果を予見していたという。果たして勝負の行方は!?

    #31『双子のジェミオス』
    大会は進み、キョウヤやケンタたちにも出番がやってくる。そんな中で、ケンタとベンケイは遊、銀河は翼との再会を果たした。翼がダークネビュラにいると知って驚く銀河だが、翼は冷徹にそれを受け流しベンケイとの勝負へ臨む。4つのスタジアムでキョウヤvsヒカル、ベンケイvs翼が始まり、ケンタもまたダークネビュラの刺客、キラージェミオスを操る双子、ダンとレイキと対峙していた。そして勝負の火蓋が切られる!

    ●ピクチャーレーベル仕様

©Takafumi Adachi, MFBBProject, TV Tokyo